検索エンジンスパムについて 大阪府のホームページ作成・制作会社/Sen-shu.com

検索エンジンスパム

検索エンジンスパム(SEOスパム)とは、検索結果の上位表示を実現する為に使用する不正な手段のことを言います。検索エンジンが使われるようになって、様々なスパムが考え出されてきました。しかし今となっては、それらのほとんどが検索エンジンの改善によって、精度が向上し、通用しないものとなっています。

検索エンジンスパムの例

では、どんなことが検索エンジンスパムになるのかというと、判断が難しい部分もあります。次に上げるのは明らかな検索エンジンスパムですので、注意しましょう。

  • 隠しテキスト(背景と同じ色の文字でキーワードを書き込む)
  • 隠しリンク(見えないほど小さい画像を使ってリンクを貼る)
  • 検索エンジン用のページを作っておき、ユーザーは違うページへ誘導し閲覧させる
  • ユーザーには見えないものを使用する

検索エンジンの立場に立って考えると、SEOを行っているホームページを上位に表示したいのではなく、ユーザーにとって有益な情報を掲載しているホームページを表示することが目的なので、必要以上に上位表示をしようと試みる行為自体をスパムであると考える傾向があるようで、なるべくそのような要素が繁栄しない検索結果を表示するように進化し続けています。
ですから、今現在有効な手段であったとしても、明日には検索エンジンスパムと判定されてしまう可能性もあるのです。

検索エンジンスパムと判定されると

検索エンジン(SEO)対策のことを考え、良かれと思ってやったことでも、スパムと判断されるとプラス評価にならないばかりか、マイナス評価され、検索順位が下がったり、場合によっては検索結果から削除されることもあります。

ですから、技術的な検索エンジン対策(SEO)に頼ってばかりいるのではなく、十分な内容を含んだホームページにしていくことが重要であると言えます。

なお、キーワードについてでも説明していますが、ページ内にキーワードを埋め込む場合には、不自然に何度も繰り返すとスパムであると判定され、逆効果になることもありますので、あくまで自然な文章でキーワードを使うようにしましょう。

>>NEXT アクセスログ解析

このページのトップへ戻る


ホームページ作成・WEB制作/大阪府堺市