ホームページにキーワードを埋め込む 大阪府のホームページ作成・制作会社/Sen-shu.com

キーワードを埋め込む

キーワードを選び出したら、次に考えるのがサイト名です。

キーワードをサイト名、ページのタイトルに

サイトのタイトル

検索エンジンは順位を決める際にサイト名を重視しますので、単純に会社の名前やお店の名前をサイト名にするよりも、キーワードを埋め込んだサイト名にする方が検索エンジン対策(SEO)を考えるのであれば効果的なことが多いのです。サイト名は、そのサイト全体を表す言葉ですから検索エンジンが重視するのも当然だと思われます。

大阪府下出張費無料のパソコンサポートお助け隊例えば、弊社のパソコンサポートのホームページのサイト名は『泉州ドットコム』という会社名ではなく、『パソコンサポートお助け隊』というタイトルを採用し、『パソコンサポート』というキーワードを埋め込んでいます。
そうすることによって、このホームページが”パソコンサポートに関するホームページですよ”と検索エンジンに認識させることができ、『パソコンサポート』や、『大阪、出張、トラブル』などをプラスして検索すると順位が上がることが期待できるのです。

ページのタイトルにもキーワードを

サイト名の次に重要なのが各ページごとのタイトルです。ページのタイトルとは、ブラウザ(Internet Explorerなど)の上枠に表示されているものです。この部分はそのページに書かれていることを表す言葉が入るので、検索エンジンも重要視しています。ページのタイトル

キーワードを使った文章を作成する

キーワードはサイト名、ページタイトルだけでなく、ページ内のテキストにも繰り返し使います。パソコンサポートのホームページを作っていれば、中身の説明文章にもパソコンサポートという言葉が何度か繰り返し出てくることは当然ですよね。検索エンジンもこのように考え、何度も出てくる言葉を拾い、そのページが何について書かれているのかを判断するわけです。

ここで注意することが、使用する回数です。とにかく繰り返せばいいという訳ではなく、あくまで自然な流れでキーワードを使うようにしましょう。繰り返す回数はページ全体の5%未満と言われていますが、定かではありません。以下のサイトで、実際にキーワードがページ内でどれくらい使われているのかがわかりますので、調べてみましょう。

キーワード出現頻度解析

サイト運営者がすべきこと

実際にページを制作するのは、制作会社の仕事ですが、そもそもサイト名を何にするか、何のページをどれだけ制作するか、またどのような言葉を使うかについては、運営者側で考えなくてはならないことです。すべて制作会社にお任せでは、思った通りのホームページができないことはおわかりいただけるかと思います。

運営者と制作会社がお互いに、どんなホームページにしたいのか、どんな人に見てもらって、どういう反応がほしいのかを理解することが重要です。

ホームページの制作会社は、ホームページを作るプロですが、クライアント様の業界では単なる素人です。商品の知識もありませんし、サービス内容、業界の情報なども知りません。そんな人間に重要なことを任せっきりにしてしまって良いものでしょうか?

弊社でもキーワードを重視してサイト構成などのご提案はさせていただきますが、結局は知識不足であることは否めません。

運営者本人がキーワードについて十分に考えてみましょう。意外な言葉(専門的な用語)で検索している人が多いかもしれません。そのような場合は、やはり専門知識のある人でないと発見することもできないでしょう。ですので、しっかりとキーワードについて把握しましょう。

キーワードはホームページ作成で最重要課題であると言えます。運営者側でも十分に理解し、よく考えてホームページ作成に挑みましょう!

>>NEXT サイトの構成

このページのトップへ戻る


ホームページ作成・WEB制作/大阪府堺市