内部要因と外部要因 大阪府のホームページ作成・制作会社/Sen-shu.com

内部要因と外部要因

検索エンジン対策(SEO)を行う上で重要なポイントが、大きく分けると内部要因と外部要因の二つあります。

内部要因

内部要因=ホームページの作成方法

検索エンジンのロボットがホームページを巡回した際に、ページ内のキーワードとなる言葉をうまくロボットに認識してもらえるようにホームページを作成することを言います。ロボットに、このページのキーワードは○○であり、○○について詳しく記述しているページであると認識させることができれば、○○を検索エンジンで検索した時に、上位に表示させることができるのです。

内部要因については制作会社の技術、作成方法によって大きく変わってきます。
例えば、見た目の派手さだけを考えて作った画像だらけのページよりも、テキストを多く入れたページの方が検索エンジン対策(SEO)では有効です。そしてそのテキスト内にキーワードとなる言葉をページ内の重要な場所に配置したり、数回繰り返すことによって、検索エンジンにキーワードを理解してもらうのですが、ページ内のテキストとなる文章などはサイトの運営者側で用意するものですので、キーワードを意識した文章を用意することが運営者に求められることとなります。

外部要因

外部要因=リンク

内部要因と外部要因

ホームページの運営・更新でも触れましたが、一部の主要な検索エンジンでは、リンクの数やどんなサイトからどんな言葉でリンクされているのかを調べて順位を決める判断材料にします。現在ではリンクが順位付けの大きなウェイトを占めているようですので、必須の対策になります。
では、自分のサイトが実際にどれくらいの数がリンクされているのでしょうか。Yahoo!、Googleで検索窓に次の文字を入力して検索してみてください。

link:http://ホームページのアドレス/

ヒットした件数が被リンクの数になります。上位表示されているサイトで同じように検索してみると、かなりの数のリンクを集めていることがわかると思います。やはり被リンクは非常に重要な要素なのです。

リンクしてもらうサイト

また、リンクで重要なのは数だけではありません。数ではなく質が重要であるとも言われています。リンクの質とはどういうことかというと、リンク元がどのようなホームページなのかも関係するということです。同じテーマを持ったホームページからリンクをもらうと、それだけそのホームページがそのテーマにとって重要なホームページであろうと判断するのです。

リンクする言葉

リンクは数と質が重要な要素なのですが、リンクされる際にどのような言葉でリンクされているのかによって、リンクの意味が大きく違ってきます。一度、検索エンジンで『こちら』という言葉で検索してみてください。Adobe Readerのダウンロードページが上位に表示されているかと思います。これな、このページが『こちら』という言葉に関するホームページなのではもちろんなく、『こちら』という言葉で数多くリンクされているということなのです。

この結果からもわかるように、リンクする際に使われる言葉は非常に重要な要素で、なるべくキーワードが入った言葉のリンクを、できるだけ多く集めることができれば、上位表示に有効なのです。
また、これはサイト外からのリンクだけではなく、サイト内でのリンクにも同じことが言えます。リンクする際に『こちらへ』という言葉でリンクするのではなく、『○○○についてはこちら』とすれば、リンク先のページが○○○について書かれたページなのだと理解してくれるのです。

『こちら』の検索結果画面

>>NEXT 検索エンジンスパム

このページのトップへ戻る


ホームページ作成・WEB制作/大阪府堺市