レンタルサーバーのよくある質問 大阪府のホームページ作成・制作会社/Sen-shu.com

レンタルサーバー

レンタルサーバーのよくある質問

● 泉州ドットコムではCGIスクリプトの内容に関してはサポートいたしません。お客様ご自身の責任で設置して下さい。なお、設置のみの代行はオプションで承ります。フリーのプログラムに関しては、配付元へお尋ねください。電話でのお問い合わせに対しては基本的にご対応ができません。
● 自作(あるいは配布されている)CGIスクリプトを使った掲示板やチャットのレンタルを行う行為は、当社の規約に抵触する恐れがありますので固くお断りしております。
● ご利用のスクリプトが弊社サーバ運営に支障をきたす恐れのあるような場合、一時削除させて頂く場合がございます。予めご了承下さい。

 < お客様からよくある質問 >
● 様々な機能について
フォームデコーダ使用方法
.htaccessは使用可能ですか?
特定IPアドレスからのアクセス制限方法
メーリングリスト使用方法
 
● ホームページの運用について
FTPの設定
ホームページのアドレス
index.htmlがあるはずなのにディレクトリ内容が全て見えてしまう
CGIの設置方法
CGIが動作しないのですが
Perlの絶対パス、sendmailの絶対パスは?
 
● メールサーバのご利用について
メールの送信が出来ません。
サブミッションポート(Submission Port)が使えますか?
メールのパスワードは変更可能ですか?
送信できるメール1通の最大サイズ制限はありますか?
メールサーバーのメールボックスの上限サイズは?
知らない人からメールをもらったのですが?
一度受信してしまったメールはもう二度と受信できないのでしょうか?
OutlookExpressでメール受信しようとすると「ホストが見つかりません」と出る
OutlookExpress5.0でサーバーにメールを残さない設定をしたい
複数の電子メールアカウントの設定方法
 
● ご契約関係について
ご契約の解約について
サービスのプランの変更について
 
● お支払い関係について
請求の内容を確認したい/内容を知りたい
料金の振込期限は?

Q. フォームデコーダ使用方法
  A. こちらをご覧下さい。
Q. htaccessは使用可能ですか?
  A. .htaccessは、ディレクトリのアクセス制限のみ使用可能ですがFTP転送後は、不可視となります。
変更の場合は、変更したい内容を転送し上書きして下さい。
削除したい場合は、内容を空にして転送し、上書きして下さい。
また、パスワード制限をtelnetで設定ご希望の場合は別途ご連絡ください。
Q. 特定IPアドレスからのアクセス制限方法
  A. こちらをご覧下さい。
Q. FTPの設定
  A. ● オリジナルドメインの場合
・FTPサーバー: www.ドメイン名 ・ユーザーID:アカウント ・ユーザー名:アカウント
・ディレクトリ: /web(管理者以外の個人ユーザーは「web」としてください。)
● お手軽webの場合
・FTPサーバー: www2.sen-shu.ne.jp ・ユーザーID(アカウント) ・ユーザー名(アカウント)
・ディレクトリ: web
Q. ホームページのアドレス
  A. ● オリジナルドメインの場合
サイトのホームページは、「http://www.ドメイン名/」もしくは「http://ドメイン名/」となります。
個人用のホームページは、「http://www.ドメイン名/〜ユーザー名」でアクセスできます。
● お手軽webの場合
「http://www2.sen-shu.ne.jp/〜ユーザー名」となります。なお、ご希望の方には、「http://www2.sen-shu.ne.jp/お好きな名前」でアクセスできるように設定致しますので、別途ご連絡下さい。
Q. index.htmlがあるはずなのにディレクトリ内容が全て見えてしまう
  A.
1. index.htmlというファイルが正常に存在しているかどうかを確認して下さい。例えばindex.htmlというファイル名が全角文字になっていたり、index.htmlというディレクトリが作成されてしまっているという可能性があります。この場合、ブラウザでアクセスするとそのディレクトリの内容が見えてしまいます。
2. index.htmlのファイル名が間違っている可能性があります。ファイル名を再度確認して下さい。
3. サーバー上でファイル名を指定しなくても特定のHTMLを表示させるのは、「index.htm」、「index.html」、「index.shtml」の順番です。そのため、index.htmとindex.htmlが両方とも存在している場合、index.htmが表示されます。
Q. CGIの設置方法
  A. CGIプログラムも、ホームページと同じスペースにに設置していただきます。(どこに設置しても動作するようになっています)。ASCIIモード(アスキー、「テキスト」モードの事)で転送して下さい。パーミッションの変更はOSが Linux ですので、必要となります。
その場合、「Fetch」などのパーミッション変更ができるFTPソフトをお使い下さい。(telnetはセキュリティの都合上、使用不可としています。)
Q. CGIが動作しないのですが
  A. CGIプログラムの内容に関しては、弊社ではサポートを行っておりません。予めご了承下さい。
CGIが動作しないエラーの多くは、スクリプトの記述、パスの指定先、パーミッションの設定などの誤りが原因です。 スクリプトの製作者に問い合わせて頂くか、専門の書籍を参考にして問題を解決して頂きますようお願い致します。
なお、こちらをご参考にして頂くことで問題の解決につながる可能性があります。
Q. Perlの絶対パス、sendmailの絶対パスは?
  A. Perlのパス:/usr/bin/perl (Perlのバージョン 5.6.0以上)
sendmailのパス:/usr/sbin/sendmail です。
Q. メールの送信が出来ません。
  A. インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)の迷惑メール対策(OP25B)が関係している可能性があります。
メールの送信設定で、サブミッションポートを使用する設定でお試しください。

メール送信・サブミッションポート設定はこちらをご参考にしてください。
Q. サブミッションポート(Submission Port)が使えますか?
  A. サブミッションポート(587番)を使用することでメールの送信が可能です。
サブミッションポート(Submission Port)とは
迷惑メール対策として設けられた、電子メールクライアントからメールサーバに電子メールを送信する専用のポートのことです。
Q. メールのパスワードは変更可能ですか?
  A. 「http://www.sen-shu.ne.jp/personal/」へアクセスし、ユーザーIDとパスワードを入力して下さい。複数のメールアドレスをご使用の場合は、それぞれのIDごとに設定して下さい。
なお、メールアドレスには、半角英数字、「 - 」「 _ 」のみが使用可能です。また、大文字小文字の区別はありません。
また、英文字・数字・記号を取り混ぜて第三者に分からないようなものにしてください。名前・電話番号・誕生日など推定しやすいものにしないようにしてください。
※この他、「個人情報」ページでは、転送メールの設定、ファイルのバックアップと復元を行えます。
(サイト管理者の方は別途マニュアルをお読み下さい。)
Q. 送信できるメール1通の最大サイズ制限はありますか?
  A. 標準では、1回あたり5MBまでとさせて頂いております。これ以上の送信はご遠慮下さい。なお、メールに添付するファイルは、全て文字にエンコードして送信する関係上、4MB程度のファイルを添付すると5MB程度に容量が増加致しますのでご注意下さい。
Q. メールサーバーのメールボックスの上限サイズは?
  A. ホームページスペースとメールボックスの合計がご使用ディスク容量です。したがって、ホームページスペースが一杯になると、メールボックスの容量は減少します。
Q. 知らない人からメールをもらったのですが?
  A. アドレスを間違って送信されてしまったか、SPAMメールと思われます。宛先のメールアドレスのタイプミスによって間違って送られてきたというケースも考えられますが、英文の宣伝内容等が書かれているメールであればSPAMメールと思われます。SPAMメールはマルチ講などの不特定多数に送られるメールです。
Q. 一度受信してしまったメールはもう二度と受信できないのでしょうか?
  A. 基本的には出来ません。ご注意下さい。
お使いのメールソフトの設定が[既読メールをサーバーから削除する]ようになっている場合は、一度受信したメールはもう一度読み出すことはできません。複数のコンピュータからメールを読みたいときは、お使いのメールソフトの設定を[メールを一定期間保存する]ようにしてください。ただし、常に保存する様に設定されますとお客様のメールボックスの容量を超えてしまい、メールが受け取れなくなることがありますのでご注意下さい。
Q. Outlook Express5.0で、サーバーに電子メールを保存しないという設定をしたいのですが、どの設定を変更すればいいですか?。
  A. [ツール]-[アカウント]で、ご利用の電子メールアドレスの[プロパティ]をお開き下さい。次に、[詳細設定]の中の[サーバーにメッセージのコピーを置く]欄を確認し、このチェックを外して下さい。
なお、今までこのチェックが付いていて、一度外して受信致しますと、サーバーに残っていた既読のメッセージは削除されますので特別な作業は必要ありません。

このページのトップへ戻る


ホームページ作成・WEB制作/大阪府堺市